The Strokes – Brooklyn Bridge To Chorus (Audio)

The Strokes – Brooklyn Bridge To Chorus (Audio)

ストロークス(The Strokes)は、ニューヨーク州マンハッタン出身のアメリカのロックバンド。1998年に結成されたバンドで、シンガーのジュリアン・カサブランカス、ギタリストのニック・ヴァレンシとアルバート・ハモンド・ジュニア、ベーシストのニコライ・フラチュール、ドラマーのファブリツィオ・モレッティの4人で構成されている。彼らはガレージ・ロックやポスト・パンクのリバイバルを代表するバンドの一つであり、ニューヨークにおけるインディー・ロックの復活を牽引している。

2001年1月にEP『The Modern Age』をリリースした後、メジャーレーベルの間でバンドとの契約をめぐって入札合戦が繰り広げられた。最終的にRCAレコードが彼らと契約し、同年末にデビュー・スタジオ・アルバム『Is This It』をリリース。このアルバムは国際的な商業的成功と批評家の絶賛を得て、いくつかの年末のアルバム・リストやオールタイム・アルバム・リストに登場した。続いて2003年10月には「Room on Fire」、2006年1月には「First Impressions of Earth」をリリースし、いずれも同様の成功を収めている。その後、彼らは数年間の活動休止に入りました。

RCAとのレコード契約が終了する頃、ストロークスは2011年3月に『Angles』、2013年3月に『Comedown Machine』と、3年間で2枚のアルバムをリリースした。後者は商業的には最悪の出来栄えのアルバムとなった。彼らは2016年6月にRCA脱退後初の素材集『Future Present Past EP』をカサブランカスの独立レーベルCult Recordsからリリースした。

その10年後、ストロークスはリック・ルービンと新作アルバムの制作を開始した。2020年4月、彼らは7年ぶりのスタジオ・アルバム『The New Abnormal』をCultとRCAを通じてリリースした。批評家たちは一般的にこのアルバムを「形への回帰」と考えている。

出典:Wikipedia

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です